40代WEBデザイナーの転職ならマイナビクリエイターを使おう!

40代でWEBデザインをやってます。ですが、この業界は20代の若手が多くて、40代から転職なんてできるのかなぁ、と不安です。

40代の私でも、WEBデザイナーとして転職可能なエージェントってありますか?

結論からいうと、40代WEBデザイナーでも転職可能! そう言い切れるのは、実際にマイナビクリエイターのセミナーに参加し、キャリアコンサルに「40代WEBデザイナーでも転職可能か」というテーマで色々質問して得た回答だからです。

この記事では、40代のWEBデザイナーで、転職を迷っている方に向けて書いています。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

実際にマイナビクリエイターに足を使って得た情報なので、信頼していただいて大丈夫です!

マイナビクリエイター

40代WEBデザイナーでも転職可能

キャリアコンサルタントの女性の話によると、最近WEB業界界隈で変化が見られているそうです。

今まではWEBデザイナーというと20代中心、せいぜい35歳まで、というのがセオリーだったのが、今では40代の採用も珍しくないらしく、むしろ「ご安心ください」という回答をいただきました。

ただし、経験によってはディレクターやプランナーなどの上級職への転職は難しいかも、ということでした。

同じく40代女性が相談していた内容

後ろの席で、相談者とキャリアコンサルの声が丸聞こえだったので…

相談者の女性は、ずっとチラシとか、ポップとか、そういうデザインをちょっとやっている、というレベルの方でした。

WEB制作に関してはまだ経験が浅く(というかほとんどなく)、自分で見様見真似でつくるレベル。

正直、この女性の話を聞いていて「40代転職、できるのかなぁ」と私が不安になっていたんですが、キャリアコンサルタントの方は「あなたの今のスキルをすべて棚卸して、欲しいという企業があるかどうか確認しましょう」と前向きな回答でした。

なぜスキルレベルが低くても転職できるのか? その理由は

WEB制作会社じゃなくても、たとえば中小企業で自社PRのための「ちょっと制作ができる人」が欲しいっていうのも、現実ありそうですよね。

WEBデザイナーとして色んな経験積みたい、いずれはディレクター職にキャリアアップしたい、という求職者と、「自社PRのための制作ができる人」というニーズは全然マッチしないですから。

企業側からしたら、「2年~3年くらいで『ディレクター職』にキャリアアップしたいから辞めます」なんて言われたら困るし、実務経験で色んなデザインを経験できる環境を用意することもできませんし。

こういうケースでは、企業はこういう人を欲しがっています。

企業が欲しがる人材
  • 長く働いてくれそうな人
  • バリバリのキャリア志向じゃない人
  • 自己実現最優先じゃない人

でも、そういう会社に入っちゃったら、スキル磨きはできないですよね?

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

そんなことないですよ。

中小企業で「デザインやWEB制作について知っている社員誰もいません」ていう環境だったら、入社してから色々提案して経験を積んでいく環境を自分で作ればいいんです。

会社員しつつ、っていうのはけっこうお得なんですよ。

なぜなら、勉強のための書籍代やAdobe系のソフトも会社の経費で購入してもらえますし。お金もらいつつスキルアップのための資金も会社持ち、っていうのはいいですよ。

40代でWEBデザイナー転職は難しい、と考えるのはもったいないですね。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

時代は変わっているみたいですしやはり、業界に詳しいプロに任せるのが一番確実かな、と思います。

インハウスデザイナーの心構え。ぬるま湯は危険。

WEBエンジニア

上に書きましたが、スキル条件によってはデザイナーからディレクター職へのキャリアアップは難しい、という話をしました。

たとえばインハウスデザイナーで、要件定義や工数管理なんてやったことがない、というWEBデザイナーの場合は、ディレクター経験があるようでないので、難しいんです。

自社PRがメインのインハウスデザイナーの場合、ゼロからサイトを作り上げるということはそうそうないですし(すでに出来上がっているサイトの微調整とか、記事更新がメイン、というのもけっこうある)、デザイナーの仕事というよりも事務的な仕事の方が多くて、実務経験をあまり積んでいない人はインハウス系に多いです。

で、そういう人の場合、悩むと思うんですよ。

インハウスデザイナーの不安
  • このままこの会社で仕事を続けていても、デザイナーとしてのスキルが上がらない
  • 長年働いていくと、キャリアアップは係長、部長という昇進
  • 長く働ければ働くほど、要件定義や工数管理など、WEBディレクターのスキルが付かなまいまま年を取る

その企業が、大手有名企業でネームバリューもあり、労働条件も抜群! というなら残る意味もありますけど、中小企業や零細企業、退職金もおそらくそんなに望めない、という場合、「60歳定年までインハウスとしてやっていけるか?」と悩むはず。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

なぜなら、私自身が悩んだことだから。

私は広報部長という部長職でしたが、管理職にはなんの歓びも楽しみもやりがいも見出せませんでした。

インハウスで仕事は自分で作る感じ。サイトリニューアルも中小企業だから意思決定もトップではなく、部長である私に委ねられたし、そういう意味では「自由にやらせてもらえた」環境でした。

ですが、いかんせん自社内だけでやっているのでサイトジャンルの傾向は似通ってくるし、何しろ60歳定年までその会社で働いている自分を想像できませんでした

そこで思ったんです。

インハウスデザイナーは条件はいいけど、WEBデザイナーとしてのスキルを磨くなら、自分で貪欲に学び続けるか、制作会社に早いとこ転職した方がいいな、と。

40代でも諦めちゃいけない。諦めなかった人が、今40代で活躍できているだけ

なんでもそうですけど、「続ける」ってことは大事だと思う。

昔、脚本を勉強していた時期もあって、弟子入りしていた脚本家の先生もいつも仰っていました。

「この世界で成功できるか否かは、才能なんかじゃない。『続ける』ということだけ」と。

私は残念ながら、脚本は『続ける』ことができませんでした。でも当時からずっと脚本を書き続けてきた人の中には、今脚本家として仕事をしている人はいるんじゃないかな、と思います。

ちょっと精神論ぽいですけど、これ真理だと思います。

マイナビクリエイターの基本情報

エンジニア クリエイター
マイナビクリエイター
対応地域 北海道・東京・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫・福岡

  • クリエイターに特化
  • 経験者のみ登録可
  • 対応地域が広い
  • 大手なので登録企業が多い
  • ポートフォリオ作成ツール、MATCH BOXが使える
運営会社 株式会社マイナビワークス
対応地域 北海道・東京・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫・福岡
登録条件 WEBクリエイター(デザイナー)
WEBエンジニア
ゲーム業界要経験者
雇用形態 正社員
サービス内容
  • WEB業界・ゲーム業界に熟知しているコンサルタントが転職サポート
  • スキル判定が的確で多くの求人からマッチした会社を紹介してくれる
  • 履歴書・職務経歴書・ポートフォリオ作成の徹底サポート
  • 企業毎に対策した面接戦略
  • 内定後の給与・待遇交渉代行
求人職種 WEBクリエイター職(デザイナー・ディレクター・プランナー等)、
WEBエンジニア職、ゲームクリエイター職等
登録費用 無料

マイナビクリエイターは今回紹介した「40代WEBデザイナーでも転職できる」クリエイターに強い転職エージェントです。

大手マイナビグループなので、登録企業案件数も多いから、あなたの条件に合う企業とのマッチング数も上がります。

大手だけに、求職者向けのセミナーや面接対策などが頻繁に行われていて、業界動向を掴むことができますし、あなたの将来のキャリア設計を見直す意味でも、利用価値はあります。

クリエイターで転職したいと思ったら、必ず登録しましょう。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

ご参考にしてくださいね!

マイナビクリエイター

タイトルとURLをコピーしました