工学部を卒業してエンジニアに。育休退職や休職後に復帰可能?

大学はエンジニアになりたくて工学部を卒業しました。

妊娠し出産・育児休暇を取ろうと思ったんですが、育児もちゃんとやりたいという気持ちが強くなりました。

5年程育児で仕事から離れたら復帰は難しいでしょうか。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

女性エンジニアにとって、出産や育児と仕事の両立は頭を悩ましますよね。

この記事では、ブランクからの復帰が可能かどうか、長期ブランク後の復帰方法をお伝えします。

プログラミングは日進月歩。5年のブランクは浦島太郎。

IT、WEB業界って、それはもう、日々新しい技術が開発されて、早いスピードで変化しています。それは、この業界で経験のある人なら肌で感じていると思います。

1年〜2年のブランクならなんとかなるかもしれませんが、5年間全くプログラミングから離れていたとなると、経験者としての転職はハードルが上がると思います。

福利厚生がしっかりしている会社なら復帰は可能だけど…

女性社員が出産育児で休暇は法律で保証されています。

女性が働きやすい職場環境を作ろうと取り組んでいるような会社なら、復帰後も同じ職場、同じ役職で、というのもありますが、実はそれはかなり恵まれているケースです。

というのは、法律では女性が妊娠し育児休暇を申請すれば、必ずそれに会社は対応しなければいけないのですが、なんと部署移動や労働時間などは会社に裁量があるのです…

つまり、女性が復帰して、休暇前と同じようにはたらきたくても会社が人事移動を会社が命じることも。

そしてそれは今の法律ではマタハラには当たりません。

長期休暇後に復帰するなら、細々とでもいいから自宅で仕事を続けた方がいい

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

会社で取った出産育児休暇ではなく、一旦会社を退職して長期ブランク後にエンジニアとして再び仕事をしたい、というケースもありますよね。

一度、完全にプログラミングから離れて長年ブランクを空けると、感覚や思い出すのに時間がかかりますし、上にも書いたように技術は日進月歩なので、復帰したときあなたが知っているコードはもう古い、ということは十分ありえます。

もし、会社と交渉できる余地があるなら、産休・育休中にアルバイト程度でもいいからプログラミングの仕事をもらえないかどうか、相談してみてください。

フリーランスとして育児との両立は可能か?

コネや人脈があって、直接仕事を依頼してもらえるならフリーランスとして自宅で仕事をすることは可能だと思います。

ですが、コネも人脈もなく、フリーランスエージェントに登録するとしても、現状ではリモートワークの仕事はほとんどなく、参画する企業に常駐して働くことになります。(情報漏洩やウィルス感染などのリスクがあるため)

そうすると、フリーランスとはいえ出勤して働くことになります。それが現在のエンジニアの働き方の現実です。

じゃあ、女性が育児で仕事から離れたら、もうエンジニアとして働けないってことですか?

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

今までは、かなり女性にとっては不利な状況でした。でも、リスク回避の方法があります。詳しく説明していきますね!

対策① 週に2日、3日だけ働けないか検討してみる

フリーランスエージェントのでは、週に2日や3日だけでもいい仕事を紹介してもらえます。また、時短の働き方も可能です。

保育所に預けられたり、親御さんが協力してくれるなどの環境があるなら検討してみてください。 お洒落なシェアハウス|オークハウス

対策② エンジニア特化「派遣エージェント」を利用する

クリエイティブ・エンジニア特化型の派遣エージェント「パーソルテクノロジースタッフ」に登録という手もあります。

WEBクリエイター(デザイナー)やエンジニア専門の派遣エージェントで、時給が1800円~3000円程度で探せます。

フルタイムで週3日とか、毎日10時から午後4時まで、のような条件で派遣が可能なら、小さなお子さんがいるママエンジニアでも仕事を続けられるかもしれません。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

派遣ですので、「残業は絶対にしない」という条件で仕事を探してもらえば、残業で遅くなって家事や子育てに手が回らない、ということも避けられそうです。

パーソルテクノロジースタッフについての口コミ・評判はこちらの記事にも書いています。ご参考にしてください。

対策③ ブランクをスクールで埋めて再就職する

子どもがある程度大きくなり、フルタイムでまた働きたい、という場合。

長いブランク後、再就職に自信がないと感じてしまうことはあると思います。休んだ年数分、年齢も重ねているので、年齢的にもハンデが生まれますよね。

そんな場合におすすめの方法をお伝えします。

経験者向けコースもある、コードシップ経由で確実に転職を叶える

最大無料で受講開始!プログラミングスクールCodeShipは、転職一体型のプログラミングスクールで、無料でプログラミングが学べます。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

こういうと、「未経験者向けの、ちょっとレベルが低い内容なんでしょう?」と思われるかもしれませんが、全然違います。

コードシップには、未経験・初心者向けのJavaScriptやWordpressを学ぶコースもあれば、RubyやPHP、Unity、Pythonなど、中級・上級コースも用意されています。

信じられないかもしれませんが、全部無料です。(入学前に受講料を支払う必要はありますが、転職後、翌々月後に全額キャッシュバックされるので、実質無料になります。)

転職できなければ、キャッシュバックはされませんが、95%以上の人が成功しているとのことですのでほぼ確実と思っていていいと思います。

受講に際して、年齢制限もないので、長年のブランクも心配ありません。

ただ、この場合フルタイムの復帰となりますから、子育てと両立、というスタンスでは厳しいかもしれません。

最大無料で受講開始!プログラミングスクールCodeShipについては、プログラミングスクールを紹介している姉妹サイト「Go! WEBクリエイターズ!」に口コミや評判など、詳細をまとめています。興味があったらチェックしてみてください。

まとめ

女性の場合、工学部を出ていても、出産・育児で長年のブランクがあると、復帰したときに浦島太郎ということになりかねません。

IT・WEB業界は日進月歩で、覚えたコードが数年後には「そんな古いコード、今は推奨されていないからダメ」と言われてしまいます。

なので、もし女性がエンジニアとして出産・育児をしながら続けたい、フルタイム正社員に復帰したい、という場合には、細々とでもいいから仕事を続けることを考えてください。 ポイント!

ポイント!
ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

ご参考になさってください。

タイトルとURLをコピーしました