マイナビクリエイターの就職・転職先は?高収入や優良企業の登録が豊富

できれば大手優良企業に転職したいな。キャリアにも関係するから、なるべく有利に転職活動したいです。どこがおすすめの転職エージェントですか?

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

WEB業界で働くなら、下請けの小さな制作会社はできれば避けたいところですよね!

下請け&小さな制作会社は、給料が低い、昇給がない、残業多い、休み少ない、激務でオワコン…という悲しい結果に繋がりやすいブラック系が多いのが実態

転職は、できれば大手の元請け企業やインハウスデザイナーに応募した方が、クリエイターとして幸せな生活が送れます。

この記事では、ブラック企業に足を踏み入れないための転職ノウハウや、おすすめのクリエイター専門転職エージェント「マイナビクリエイター」の提携企業をご紹介します。

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

WEBクリエイター歴15年、エディトリアルデザインも行うパラレルワーカーの私がご説明します。

マイナビクリエイター

まず結論から!マイナビクリエイターに登録すると、こんなに魅力的な企業がいっぱい

マイナビクリエイター登録企業
マイナビクリエイター登録企業

大手企業は福利厚生がしっかりしているし、働く環境は整っています。

産休や育休、在宅やリモートワークの制度がある会社もあるでしょうから、会社員としての安定を保持しつつ、自由な働き方を実現できる会社があるかもしれません。

マイナビクリエイター

WEB制作会社はできるだけ「元請け」を狙おう

WEBデザイナーに限らずエンジニアもそうですが、下請け会社になると元請けにマージンが取られるので報酬が低くなります

少ない報酬を社員で分けるのですから、当然給料は低くなります。

中には下請けの下請けの下請け…みたいな会社もあり、そうなると地獄です。

営業はガンガン仕事を取ってきても、現場のデザイナーやエンジニアは薄利多売のような仕事をさせられ、朝から終電まで仕事漬け。

当然、じっくり新しいスキルを身に付ける時間もこころの余裕もなく「私って、本当にこの仕事好きだったっけ?」なんて考えるようになります。

元請け会社とは、いわゆる上に掲載した大手企業が直で依頼する制作会社か、大手企業自体のインハウスデザイナーとして働くこと。

あなたのスキルが多少足りなかったとしても、もし年齢的に20代で若ければポテンシャル採用で大手企業に潜り込める可能性は大です。

30代の転職でも、マイナビクリエイターのキャリアアドバイザーと二人三脚でじっくり相談しながら、元請け優良企業への転職を狙いましょう!

転職にリスクはゼロと考えよう

ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

今働いている会社で3年以上働いて、自分にプラスαのスキルになるような仕事を任せられるならいいですが、同じ職務を続けるだけなら転職をするべきです。

他業種なら同じ会社で定年まで居座り続ける、というのもアリですが、ことWEB業界ではキャリア構築に転職は欠かせません。

会社で働きながら、仕事が落ち着いた頃を見計らい、自分で「3ヶ月転職活動に力を入れよう」などと決め、マイナビクリエイターのようなクリエイター専門の転職エージェントの力を借りつつ、ステップアップできる職種に応募してみてください。

会社で働きながらであれば生活費を心配する必要もないですし、もし今の仕事よりも魅力的な仕事が見つからなければ、また時期をあらためて転職活動をしたっていいのです。

つまりリスクゼロ! ってことですね💛

WEB業界では、会社内でWEBデザイナーがWEBディレクターに昇進する、というケースは少なく、外部からの転職者をポジションに置くことが多いです。

なので、ずっと同じ会社にいても、ある特定のスキルは磨くことができますが、マーケティングやUI/UXなど、新しい分野を開拓するには転職したほうがいいのです。

マイナビクリエイターについては、別記事で詳しくまとめていますので、ご参考にしてください。

  • https://job.go-creators.com/mygnavi-creator/
ナビゲーターYAKO
ナビゲーターYAKO

転職時のエージェント登録は、3社くらい登録するのがおすすめです。

WEBクリエイターとしておすすめのエージェントを当サイトでご紹介していますので、ここで紹介している3社に登録しつつ、一番自分に合ったエージェントで最終的にキメる、というのがいいと思います。

  • https://job.go-creators.com/category/job-hunting/

マイナビクリエイター

タイトルとURLをコピーしました